かばやき倶楽部。

大学生の戯言シリーズ

バンジージャンプで落下してきた!鷲羽山ハイランドのアトラクション!

 

f:id:mikarubi:20170324021841p:plain

この春休み、友人たちと岡山県にある鷲羽山ハイランドという遊園地にいってきました!

 

児島駅からのバスに乗って、約15分ほどの山の上にあります。その時のバスの運転手の方が、とてもユーモアがあって面白かったです。運転手は無愛想な人が多いので新鮮でしたね。

 

1位 バンジージャンプ

この鷲羽山ハイランドの代名詞と言ってもいいくらい、有名なのがこのバンジージャンプ。バンジー目的の人も結構多いんじゃないのかなあ、と思います。

 

で、実際に飛びました。

 

下から見上げたときは「なんや、あんくらいか。30メートルとか大したことあらへんがな」と舐めてました。

床から3分の1くらいつま先を出し、手を後頭部で組んで肘を前に持ってきます。

なぜかというとバンジーのゴムには太い部分があって、それが顔面にダイレクトアタックしてくるというわけ。

(何人かは着陸のときに鼻血を垂らしているらしい。)

 

装備つけて階段を上がって下を見下ろすと、ひざが震えます。

 

「なんで金払ってこんなことしてるんやろ。。。」

(2017年3月現在 ¥1700)

 

※ちなみに恐怖で飛び降りができなくてもリタイアはできますが、返金はされません。約10%は頂上で、5%は階段の時点であきらめるそうです。

 

「スリーッッ!!、ツーッ!、ワァン!! バンジィィィィィ!!!!!!」

 

飛び降りました。

 

床を踏み切った感覚とか、落下のフワッとした感じとかは

全く記憶にありません。

気づいたらプラーンプラーンしてました。

 

正直あっという間でしたね。踏み切ったら感じる間もなく終わってました。階段を一段一段踏みしめて上がる時が一番怖かったかなあ。

 

2位 バックナンジャー

         ・スタンディングコースター  

 

f:id:mikarubi:20170324030007p:plain

バックナンジャーは簡単に言えば後ろ向きの座るタイプのジェットコースター。

 

 

 

 

f:id:mikarubi:20170324025933p:plain

スタンディングコースターは名前の通り、立って乗るタイプの前向きジェットコースター。

 

 

この2つは時間帯によって切り替わります。自分たちが行ったときは10:00~はスタンディングで、16:00~はバックでしたね。

 

乗る時に注意書きもあるし、パッと見でもわかるけど

一周グルッと回転するループがあります。

 

そのため4Gかかります。(体重の4倍)

 

顔の表情も動かせなくなるくらい、すさまじかったです。身体が押さえつけられ、まさに手も足も出ませんでした笑。

 

個人的にはバックナンジャーがおすすめ!

 

・なぜか人が少ない

 平日といえども学生とかがたくさんいたのに、ほとんど乗っていませんでした。時間帯で切り替わることを知らない人が多いのかな?

・景色がキレイ!

 最初上昇していくとき、瀬戸内海を見渡すことができますよ。スタンディングのときはあまり景色は見えないです。人によってはあんまり見る余裕がないかもしれませんが笑。

 

3位 スカイサイクル

 

f:id:mikarubi:20170324030304p:plain

手っ取り早く言うと、チャリンコです。

 

二人で漕ぎながら、コースを回ります。

外側(画像の場合は右側)に座る人は正直かなり怖いです。

 

最初内側に乗ったときは、これで怖いとか誇張しすぎなんじゃねえの?と思ってました。2回目に外側に乗ったとき、

鼻水が出ました。

 

地面からこんなに離れてるゥゥゥ!!!という怖さじゃないです。あるポイントに来ると突然ガクンと揺れ、「車輪が外れたのか・・・!?」という疑心暗鬼に陥ります。

これをいっちゃあれなんだけどUSJとかディズニーとかは管理が行き届いているという安心感が強いです。鷲羽山の場合、もちろんきちんと管理されているのはわかっているんですが、どうも不安がぬぐえないんです。B級というわけではないです。

 

全体としては「この遊園地は小さい子と行くようなところではないな」と感じました。絶叫系とか大好きなファンなら十分楽しめるんじゃないかなと思いますね。アドレアリンがドバドバでるし笑。

 

カップルで行ったら、吊り橋効果でもっと仲が深まるかもしれませんね。