読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かばやき倶楽部。

大学生の戯言シリーズ

友達と遊んだあとの虚無感、ありませんか?

この春休み、高校時代の友人が遊びに来た。

1人は幼稚園からだったり、たまたま席が隣だった奴だったり。

 

高校生の時は毎日授業があるし、部活もある。ケンカしてもめんどくさい日でも顔をあわすことは避けられなかった。

 

大学に入学してそれぞれの生活が形成されるなか、みんなが揃うということはあまりないだろう。

 

皆が帰ってしまったあと、広くなったこの部屋には僕だけがポツンと残されている。

1人が好きだと思っていたけど、みんなといることも好きなのかもしれない。

 

荷物がなくなりスッキリした部屋はさりげなく、そんなことを教えてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

ということを考えて、酔いしれる自分がいました(笑)