かばやき倶楽部。

大学生の戯言シリーズ

今度は物語シリーズをかいてみた!

f:id:mikarubi:20170119215926j:plainデジタルの練習で描いています。

 

ショボショボしますね。。。。

ちなみに物語シリーズです。テーマはメキシコ旅行です!

リメイク?デジタルで色を塗ってみたよ

f:id:mikarubi:20170117014010j:plain

前にも書きましたが!

今度は!

デジタルで色を塗りました!

 

いろいろコメントを頂けたら嬉しいです!!(笑

 

ちなみにブラックブレットの延珠ちゃんです

イラストを描いてみたよ!

f:id:mikarubi:20170113142104j:plain

pixiv.me

いま、ハマっているアニメ「ブラックブレット」!!

 

 

ガストレアウイルスによって、人類は一度滅ぼされかけたが、

 

バナジウムと呼ばれる巨大な「モノリス」で寄せ付けないことに成功し、

ようやく平和を得た。

 

時折、侵入してくるガストレアを処理する「民警

ガストレアとはいったい何なのか。

 

 

それはそうとデジタルで描くとのっぺりしてしまうんで、コピックで塗った後にデジタルで誤魔化してます笑

新山詩織のライブ行ってきた!!(ファインダーの向こう:全国ツアー)

の友達はCDが大好きだ。

TSUTAYAにもひけはとらないくらい(いや負けてるんだけども)数が多い。

 

しかも彼は、借りたCDをコピーして、ジャケットも印刷しCDケースに入れるという手の凝りよう。

 

そんな彼は新山詩織が大好きだった。それに対し、僕の方は「しんやましおり?」と聞いた程度だった。(一応、「にいやましおり」)

 

『一緒に見に行こうや。』

 

持つべきものは人脈ということか。

 

 

1月7日の福岡の天神。

ヤフオクドームでは嵐のライブが行われていたらしい。

 

さて、ライブハウスは『Drum Be-1』という場所である。もしかしたらこのブログを見てくれている人の中で行った人がいるかも?

 

ちなみに今度はMONGOL800が来るらしいよ。

 

初めてのライブハウス。初めてのワンドリンク。

目の前3メートルほどで新山詩織が歌っている。

近い!近すぎる!!

 

ライブの高揚感に包まれ、心地良かったが肝心の曲名や歌詞をよく知らなかった。

歌舞伎か能みたいに予習していくべきだったか。

 

ベースの音が心臓の鼓動みたいに体を揺らす。インターネットで見たが、大音量で音楽を聴くと疲れを感じにくくなるらしい。

 

これはハマる!!!

 

まるで頭がお花畑のようだ!

 

この一体感!周りは知らない人ばかりだけど、昔からの友人みたいだ。曲を知らない僕がハマるのだ。どうしてファンがハマらないことがあるだろう。

 

僕の気に入った曲は「恋の中」「名前のない手紙」「糸」だった。

 

MCの時間で面白いやりとりがあった。

 

新山「実は、、、この『ファインダーの向こう』のアルバムは3つのタイプがあるんです、、。皆さんはどのタイプを手に取っていただけましたか?」

ファンA「Liveバージョン!」

ファンB「全部だ!全部!!」

ファンC全部買ったよおおおっっ!!!!!」

新山「あ、ありがとうございます、、笑」

 

僕も好きなことを見つけ、一途になりたいものだ。年をとってもいろんなことに本気で取り組み続けたいな。

 

たぶん、友人が誘ってくれなければい行かなかっただろう。視野を広げるチャンスは身近に転がっていた。

 

最後に、日ごろからお世話になっているこの友人に感謝をこめて。

 

 

 

 

壁を作ってしまうこの頃。

大学生になってからというもの、人を好きになるということが減ってしまった気がします。

 

恋愛においても。友情においても。

 

 

 

なんだか相手の悪いところだけ、目に入ってしまうんです。

これではいけないと分かっているんですけどね。

 

心に自動的にブレーキがかかるんですよ。カラオケで大声出そうと思っても、漏れる声を無意識に気にしてしまってセーブしてしまう、そんな感じ。

 

 

人と話していても、壁を作ってしまう。自分を理解できるのは自分しかいない。所詮は他人であり、痛みなど感じることもない。

 

なんだかエヴァンゲリオンのシンジ君の気持ちが分かるなあ。

 

 

 

 

 

 

 

とてもオシャレ!京都に来たらぜひ寄ってほしい喫茶店!

先日、京都に行く用事があり、ついでにぶらぶらしてきました。

 

京都市内を乗りまくれるバスチケットも買ったし、使わないともったいない。

というわけで・・・・

 

 

京都の喫茶店「フランソア」に行ってきました!

f:id:mikarubi:20161210202329j:plain

こんな感じのおしゃれな喫茶店なのです!

いわゆる大正浪漫てやつですかね?笑

 

 

当然、こういうお店に行ったことはありません。おしゃれでないと店に入れてくれないかもしれないという不安に襲われながらも、恐る恐る入店しました。

 

席に案内され、メニューを見て驚きました。とてもリーズナブル!学生でも大丈夫です!なんでも昔、京都大学の学生がここでたむろしていたとか。

 

入店前、コーヒー1杯が1000円くらいかなとビビっていた自分が悲しいですね。

 

f:id:mikarubi:20161210202705j:plain僕はケーキセットを頼みました。

たしかこれで1000円くらいだったかな?

 

 

僕が行った時間帯は混んでいたので、入り口で待っていたんですが、

そのとき応対してくれた店員さんがとてもやさしかった!

 

制服も黒を基調にしたおしゃれなデザインでした。たぶん中世をイメージしているのかな?

 

店員さんの制服と店内の雰囲気が相まって、とてもミステリアスな空気を醸し出します。

 

 

店員さんの話ばかりになってしまいましたが、ケーキがとてもおいしい!

下の部分にあるタルト生地とケーキそのものの柔らかさがよく合います!!

 

京都河原町にある現実世界とは隔たれたようなこの喫茶店。

 

観光として来る人も、仕事で訪れる人も京都に来たら

ぜひ立ち寄ってみてくださいね!!

大学に入って後悔しないために。

f:id:mikarubi:20161206221125j:plain

クリスマス、そしてお正月となんか今年がもう終わろうとしていますね。

 

なんだか早いなあ・・・と感じたり、遅かった!という人もいると思います。

僕は前者かなあ・・・いろんな意味で(笑)

 

 

しかし受験生の場合は、こんなこと呑気に言いやがって!になりますかね(笑)

年が明けたら、あっという間にセンター試験となります。

 

僕はいわゆる進学校もどきの学校だったんですが、この時期はセンターの過去問をひたすら解いていた記憶があります。

 

受験生の方には申し訳ないですが、センターは正直ダメダメでした。なので二次は確実に通るであろう地方国立大学になりました。

 

以前のブログでも書いていた通り、出身県の隣の県の大学です。

いろいろなブログでも書かれていると思いますが、

僕はとても後悔しています!!!

 

親に学費を払ってもらっていることに対して頭は上がりませんが、正直内心モヤモヤしています。

・地方という閉鎖的な空間

・出身県とほとんど変化がない

・できるだけ上のランクを狙う

 

大きく言ってしまえば、この三つです。

1.地方という閉鎖的な空間

大学生はなんでも吸収するもはやスポンジのような年頃。しかし経済的に厳しい頃でもあります。

 

なにか始めてみよう!と考えても、交通費だけで軽く一万円とか超えてしまう。習い事してみようと思っても、自転車で10キロ先だったということもザラです。

 

そんなの進学先で選ぶのが悪いんじゃねーか!という言葉が聞こえてきそうですが、経済的に無理な人もいるというのが現実なんです。

 

また、周りの大学生を見ると、パターン化されています。

・彼女や彼氏を作ってサークルで飲めたらいいや!

・真面目に授業を受けて、終わったら即帰宅

 

これを四年繰り返して卒業です。とても画一的な学生が多い!大学入ったら彼女作るんだ!と僕も意気込んでいましたが(笑)・・・しかしこれでは本当につまらない。

 

他人と違うことを死に物狂いで思いっきりやりたいとおもいませんか?

四年後、自信をもって胸を張って大学生活を語ることができますか?

 

もちろん彼女がいれば心も育ちます。勉強したら思考力も鍛えられると思います。サークル、バイト、交際で勉強をちょちょっとやって卒業するというのは、なんだかもったいなあと思うんです。

 

大学生という期間をもっと有意義に過ごすために、個性的な人や物に出会いにくいというのが僕の意見です。

 

ぜひ、みなさん「狂いましょう」!

2.出身県と変化がない

物理的に距離がないので、当たり前ですが文化的にも気候的にもほとんど同じです。

 

大学卒業後に故郷に帰るという人もいると思います。そんな人に強くすすめたい!!

 

違う空気を吸ってほしいんです。この時期にはもう寒くなってくるんだなとか、こんな言葉があるのか!など新たな発見をしてもらいたい。

 

経済的に許すのならぜひ都会に出てほしい!「刺激」というシャワーを浴びてほしいというのが切実な思いです。

 

3.上のランクの大学を目指す

僕は推薦入試で一回落ちました。いわゆる名門大学というやつでした。一般入試でもともと狙っていたのですが、落ちたことによりメンタルがやられてしまいました。

(受験生がいる保護者のかた、できるだけリビングにいたりするときでも静かにしてあげてください。とてもメンタル的にもつらく、敏感なのです。)

 

成績はどんどん下がっていきました。模試のときでも、広げたらボーッとしてしまい頭が働かなくなってしまうこともありました。

 

そして第三志望の大学に入りました。周りの大学生のレベルの低さに驚きました。傲慢と思われてしまうかもしれませんが、自分より低い人に合わせることで得られるものはあまりありません。

 

ホントに「それなり」の大学です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

受験生時代には「どうせ旧帝とかすごい大学行かなきゃ、大差ねーよ!」と思っていました。その時の自分を殴ってやりたいですが、もう後の祭りです。

 

大学生には時間があります。どう使おうと勝手と言われたらそれまでですが、ぜひ刺激を受けてほしい!点数で決めるのもいいですが、地域にも視野を広げてほしい!

 

受験勉強のときも目標をもってやっていたら。多少違ったのかなあと今、感じています。

 

あと一ヶ月でセンター試験

寒空の中、自転車で走っていく高校生を見ると過去の自分と重なります。

 

どうか皆さんはいたづらに時を過ごすことのないように。

自分を追い詰めてしまう時期かもしれませんが、どうか身体には気を付けてくださいね!

 

良い結果を期待しています!