読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かばやき倶楽部。

大学生の戯言シリーズ

ほんとうに親の言うことは正しいか。

 

 

 私は大学生です。大学生の特権はズバリ時間があること。つらい受験勉強を終えてアレもしたい!コレもしたい!と衝動がわいてくるでしょう。

 

私はある地方国公立大学に在籍しています。出身県は隣です。まだ一年生なので未成年です。

母は私が中学生のとき、言いました。「若いうちにいろんなものに触れて、取り込みなさい」と。

 

ところが大学生になって、「海外旅行したい!」と言ってみると、考えもせず頭ごなしの否定なのです。もちろんも父も母も。

 

・日本のこともよく知らないお前が海外で何ができるというんだ。

・何のために大学に入ったんだ。勉強するためだろう。

・資金をアルバイトで調達できるなら、前期後期と学費として親に払え。お前にいくらかかっているかわかっているのか。

 

以上が親の言い分です。

 

・海外に行くのは学業に支障のない春休み。

バイトで捻出する以上、行っても行かなくても親に負担はかからない。

・観光都市として発展してきた町。グループ行動するし、治安もいい。日本にだって場所によっては一歩、裏路地に入れば治安が悪いところもある。

 

これが僕のそれに対する反論でした。

 

何をしようと認めない。未成年であるためにパスポートも発行できません。しょうがなくあきらめたら、親から

 

「自分がいかに間違っていたか分かったか」

 

と言ってくれましたよ。

 

何なんでしょうかね。退職間近の年齢になってくると頑固になってくるのでしょうか。たぶん将来も地元に縛り付けておきたいんでしょうね。

 

受験校を選ぶとき、友達と遊ぶとき、勉強で成績が芳しくないとき。すべて親の顔色を窺ってきました。

推薦の受験で失敗したときも、「お前が落ちたのは、本気でやっていないからだ。長男を見てみろ。朝まで勉強していたぞ」

 

自分だって。朝まで対策の勉強してきて、朝は先生に提出し、日をまたぐまで自分でがむしゃらで必死にやってきた。それを一番見ていた親でさえ、受験で失敗したらひどい言葉を浴びせるのか。だれよりもつらかったのは自分なのに。

 

小学生や中学生のころ、テストで二位を取ったことがありました。褒めてくれるかな?と思いワクワクしながら帰りました。

 

「一番は誰?ふーん○○君か。あんなところの子に負けんじゃないよ」

 

子供としては、親にほめてもらうことが一種のモチベーションになります。

 

 

その親がこれですからね。

 

高校生の皆さんは実家暮らしをしている人が多いと思いますが、大学生になっていろんな人と出会ってみてください。

当たり前だったことでも、アレ?ウチておかしくないか。と気づくことができます。

 

私の場合は一人暮らしで「自由」ではなく、もっぱら「解放」でしたけどね笑

 

・・・・・なんかすいません。自分の愚痴になってしまいました笑。

 

1人暮らしできるチャンスがあるなら、ぜひしておきましょう。自分の家庭がどういうものなのか客観的にみることができますよ。

痛みとおさらば!ギターを効率的に練習する方法!

f:id:mikarubi:20160927173343j:plain

 

 こんにちは!

 

ブログ始めてまだ1日。みかるびです。

 

今日は音楽について書きたいと思います。

僕はアコースティックギターを中学3年からやってきました。中学校に入学したての頃は絵を描くぐらいしか、趣味といえるものがなかったのです。ギターくらいひけたらなあと思い、ネットサーフィンをしていると、出てくる、出てくる。『趣味で楽器を演奏している人はしていない人に比べ、〇〇が違う!』『楽器を愛する人は認知症になりにくい!』

それに対して、絵を描くことについては特にありませんでした。(いや、何かはあるんでしょうが、、、、)当時モテたかった僕はギターを始めました。しかし指が痛いのなんのって。Fコードだと?Cでも痛いのに!!、、、、

 

 2週間で挫折しました。(笑)

 

三日坊主でないということは僕にとって賞賛に値することです。

 

それからギターは埃をかぶり、約半年後。僕はYouTubeで『ジブリの曲をアコギで演奏してみた』という動画を見ました。初めて知ったソロギターという世界にとても感動を覚えました。そして僕が一番最初に弾けるようになった曲は『千と千尋の神隠し「いつも何度でも」』でした。

 

ソロギターから始めるのがオススメです!!

 

ホントです!僕みたいに弾き語りを始めたい!という方は多いと思うんです。でも半分くらいはFコードやBコードのようなセーハで挫折していくんだと思うんです。実際に僕の周りにもたくさんいました。カポタストを使っても限界がありますしね。

 

コードで押さえると左手全体が痛くなります。もしくは人差し指ですね。しかしソロギターを軽視するつもりはありませんが、痛いのは指先くらいです。ある程度スムーズに曲を弾けるようになると、もうそのころには指先は固くなっています。さあ、ここで久しぶりにコードを押さえてみましょう!

「あれ?」「前より楽だ!!」と思うはずです。

 

ここからはもうスムーズに練習が捗りますよ。そこからはモテることだけを考え、かつ楽しんできました。せっかく練習してきたんだから披露する機会がないと面白くない。中学生、もしくは高校生のギタリストの諸君!好きなあの子の気を引くチャンスがあります!(大学でもあります。)

 

文化祭です!!

 

「ギター弾くから見に来てね!」とあの子にラインを送り、ドキドキしていました。僕はエレキとアコギ担当です。

 

普段はいわゆる陰キャラ。運動は得意でもなく、勉強もそこそこ。しかしこれは仮の姿。真の姿はギタリスト。

 

ギターストラップを肩にかけ、大衆の前に進み出ると、「エレキと不釣り合いだよね」「なんか意外」「ギター”は”かっこいい」

と女の子たちは言っていたそうです。(友人からの後日談)

 

しかしギタースキルを身に着けた私には、

 

「あの人、両方弾くなんてすごい!」「かっこいい!!」「私、器用な人がタイプなんだよね」

という声が聞こえるようでした。正直なところ、本番中は舞い上がってしまって鮮明には覚えていません(笑)。

 

その晩。あの子からラインが来ました。

「とってもかっこよかったよ!ギターを2つ弾けるなんてすごいんだね!!こんど私にもおしえてほしいな!明日、今日撮った写真と動画をわたすね!!」

 

 僕は有頂天です。豚もおだてりゃ木どころか空も飛べるのだとわかりました。女の子とあまり会話することがなかったというのもあったと思います。しかし彼女に印象付けることができたと当時は確信しました。約2か月後、一念発起し告白しました。

 

 

振られました。  

 

ここからはギターは趣味になりました。

                     続きます

 

               

 

 

 

 

 

 

 

 

サルでもできる!乗り物酔いを軽減する簡単な方法!

f:id:mikarubi:20160926233545j:plain

 

 みなさん! 旅行は好きですか?

私はもちろん大好きです。つい先日も友人たちと四国から東京まで、青春18切符で旅行に行ってきました。飛行機だったら楽なのになーと思いつつ電車です。今は大きくなったので特にはないですが、小さい頃はある困りごとがありました。

それは、、、、車酔い。

 

 かくいう私は昔、小学校の修学旅行にて、吐いてしまったことがあったのです。それも意識していた女の子のとなりで。思春期のこの少年にとって、さぞやつらかったでしょう。今となっては単なる苦い思い出なんですけどね(笑)。ちなみにこの恋が実ることはありませんでした。

 さあ!乗り物酔いをなくすその方法をご覧いただきましょう!!

  

  • ただ寝るのみ!

f:id:mikarubi:20160927004454j:plain

 

 そうです。人間の三大欲求のひとつ。睡眠なのです。おいおい、ふざけるなよ!という声が聞こえてきそうですが、だまされたと思って実践してみてください。一度寝てしまえばこっちのもの。渋滞に巻き込まれようが、らせん階段のような山道であったとしても「みがわり」を使用したポケモンのごとく無敵なのです。その理由を調べてみたところ、目で見た映像と三半規管とのズレが「酔い」を生み出すということらしいです。確かに横を見ていたり、本を読んでいたりすると気持ち悪くなることがありましたよ、、、、

 しかし、僕の場合は母がいつも『あんた!早く寝んと車で酔ってしまうで!!』と言って半ば強制的に寝させられたので、車内ではもうギンギンでしたね。(変な意味ではないですよ!たぶん、、、、笑)

 

 

  • オススメ!!お茶(なんでもOK!)

 

f:id:mikarubi:20160927004009j:plain

 

 僕のイチオシ!熱いお茶です!小さい頃から母は『冷たいものは体に害があるんやで!おぼえとき!!』といつも言っていました。そしてこの効果が発揮されたのは、意外な場面でした。

 

 それは秋も暮れる頃。色づいた葉も地に還る頃。土曜日に開催されていた体験教室の帰り道。僕はいつものごとく酔っていた。目まぐるしく景色が流れていく。僕の頭はレコードのように回っていた。あいにくのバスの補助席。左右にそれぞれ二人。何かがこみあげてきた。口の中が気持ち悪くなる。水筒に手を伸ばした。

「もうだめかもしれない。」

 ゆっくりと奥に流れ込んでいく。

「うん?」

今までの苦しみは何だったのだろうか?まあいい。そんなことは水に流しておこう。

 

 

 いかがでしょうか?周知のことでしたら申し訳ないですが、ホントかよ?と疑っているそこのアナタ!!試してみる価値はありますよ!!あ、でも車が動いているときはヤケドに気を付けてくださいね!

                    

                     https://model.foto.ne.jp/より画像をすべて引用。

                                  byみかるびくん